ポリリンコーティング

ポリリンホワイトニングは、「分割ポリリン酸」という成分を使って歯を白くする審美歯科治療です。分割ポリリン酸は、歯の表面の着色汚れを落とします。ポリリン酸は食品にも含まれているため、安全と言われています。

コーヒーポリリンコーティングが歯のエナメル質を守り、傷つけにくくします。透明感のある白さが特徴です。施術後の色の戻りが心配されるホワイトニングですが、ポリリンホワイトニングの場合は、ステインの付着防止効果があり、歯の白さが長持ちするということです。ステインというのは、お茶やコーヒーなどに含まれている色素、タバコのヤニなどを指します。ほかにカレーなど、食べ物に付いている着色料によって私達の歯は、知らず知らずのうちに汚れていきます。

ポリリンホワイトニングは歯科医が行いますが、カウンセリングを含め施術にかかる時間は50分程度です。ポリリンコーティングを行った後に、光を照射するだけで歯が白くなります。1回の治療ですみます。従来のホワイトニングと比べても、歯にしみることがなく、痛みなどもほとんど感じられないようです。ポリリンホワイトニングの施術直後から食事をすることができますから、いつでも歯科医院に行けるのではないでしょうか。

オフィスホワイトニング

クリニックオフィスと言っても事務所ではなく、歯科医院を指します。オフィスホワイトニングとは、歯医者で受ける審美歯科治療のことです。一般的なオフィスホワイトニングでは、歯の表面に薬剤を塗って、光をあてることで歯を白くします。

オフィスホワイトニングの通院回数ですが、歯の表面に塗る薬剤の種類や濃度により違ってくるということです。また、どの程度歯を白くしたいかによっても、通院回数は違ってくるでしょう。ホワイトニングの効果は、個人差が大きいということです。歯が白い方がいいと言っても、あまりに白すぎると違和感があります。好みの白さを選ぶことができます。歯の白さにも個人差がありますから、ホワイトニングに時間がかかる人と短時間ですむ人がいるようです。

忙しくて通院に時間をかけられない人や、結婚式や人前で話す職業に就いている人などが必要に迫られて、短時間で歯を白くできるオフィスホワイトニングを利用しています。ただ、オフィスホワイトニングは、歯の白さが持続しにくいと言われています。お茶やコーヒーを飲む習慣のある人は、再び歯に着色するでしょう。歯の白さを保つためには、定期的に歯医者でホワイトニングをする必要があります。続いては、ポリリンホワイトニングについて説明します。

ホワイトニングの種類

先生歯を白くしてくれるホワイトニングですが、いくつかの種類があります。最近注目されているのが、ポリリンコーティングによる「ポリリンホワイトニング」という審美歯科治療です。ポリリンホワイトニングも、オフィスホワイトニングの一種です。

従来のホワイトニングとして知られているのは、「オフィスホワイトニング」でしょう。オフィスホワイトニングは、歯医者に通院して行うホワイトニング全般を指します。通う歯科医院により、ホワイトニングで使われる薬剤の種類や光をあてる技術などが異なります。

一般的なホワイトニングは天然の歯に有効な方法であり、差し歯などを白くすることはできません。ホワイトニングを行ったときに、歯がしみることがあります。知覚過敏の症状がある方などは、施術を受けられないことがあるようです。ホワイトニングを行っても歯にしみることのない、ポリリンホワイトニングが注目されています。

歯医者と言うと、嫌な思い出を持つ人も少なくありません。ホワイトニングを行うだけでも、事前にカウンセリングがありますから、自分の歯の惨状を知らされます。特に、ここ数年歯医者に通っていない場合は注意が必要です。虫歯が予想以上に進んでいる場合などは、ホワイトニングの前に虫歯治療を行う必要があるでしょう。しかし、歯医者の技術も年々進歩していますから、より短時間で痛みの少ない方法を取り入れています。最新の技術を導入している歯科医院を選ぶことをおすすめします。